まずはFRIENDSを見る見る見る。聞く聞く聞く。ちらっと精読して、また見る見る見る。聞く聞く聞く。最後に声を出してまねるまねるまねる。
No FRIENDS vids links anymore... sorry
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング: FC2 BlogRanking にほんブログ村 英語ブログへ
先の「私のイメージと違うぅ」っと言う発言ですが、私はDVDを見ているとき、もしくは英語を聞いているとき、頭の中で日本語訳はしません。そのセリフ、文章をイメージしています。たとえば何か動詞が出てきたら、ある人(誰かという意味で。私のイメージの中ではたいてい顔がない。笑。)か、もしくはその文章の主語の人がその動詞の動作をしています。名詞が出てきたらそのものの”絵”が頭の中にでてきます。

たとえば、[0010101 The Pilot: SCENE03:Central Perk.]のRossのセリフで、こんなのがありました。

Ross
I just feel like someone reached down my throat, grabbed my small intestine, pulled it out of my mouth and tied it around my neck...

これを見ているときは、いちいち日本語には訳さず、頭の中では誰かが(この場合は本当に誰かですね)、Rossの言っていることをしている映像を想像します。(ちょっと例が悪かったでしょうか。この動作を想像すると気持ち悪いですね。)
っで、ここで単語がわからなかったとします。たとえばsmall intestineがわからなかったとします。でも、頭の中でその動作を映像化できていると、、、、誰かが手を突っ込んでるわけですから、体の中にあるもの、内蔵系のものかと。しかもsmallついてるし、小腸かなっと、連想できるわけです。

わからない単語が連想できなければ、つまり、単語がわからなければ”絵”も出てこないので、ここでやっと辞書を引くわけです。
(本当は私はこの時点でもまだ辞書は引きません。何回もみて、どうしても気になる~、”絵”が出てこないぃ~っとなってから辞書を引きます。、、、なのでボキャブラリが少ないのかな、、、反省。)

これは逆にデメリットもあり、私は単語を辞書で引いても、その日本語を覚えるわけではなく、頭の中で”絵”、もしくはイメージとして残ることが多いので、この単語の日本語訳は?っと聞かれてもすぐに日本語が出てこない、日本語で説明できないことがあります。

また、人と英語で話しているときは(最近は機会も減ってしまいましたが)、話している人の文章が、ディクテーションしているかのように、文字として、文として頭の中に浮かんできます。自分が話すときも頭の中に文が出てきて、それを話しています。ですが頭の中に浮かんだ文が口からでるまで、ほとんどタイムラグはありません。頭の中に文が浮かばないときは、"How can I say..."っと時間稼ぎ。相手の言ったことがわからなかったときはたいてい頭の中でも文章にできていないときです。そんなときは"Did you say ..."とか"Do you mean ..."っと自分の理解できたところまでを反復して相手に聞き返す。だってわからなかったんだもん、わかったふりして話を続けるよりいいですよね?

また後から、「あの人確かこう言っていたよなぁ」っと思い出すとき、さっき頭の中に浮かんできた文章がまた、頭の中に浮かんできます。ただ、このときは最初のときとちょっと違うことが多いですが、、、。

でも、日本語を話すときってわざわざ頭の中に文が並んだりしないですよね。英語でも、聞き慣れたものや、言い慣れたものはその文が頭の中に出てこないので、それをもっと増やしたい今日この頃です。いっぱい聞いて、いっぱい口に出す。なんかどこかで聞いたことあるフレーズに似てる。。。

さて、これらの方法、いいのか悪いのか!?
スポンサーサイト
ブログランキング: FC2 BlogRanking にほんブログ村 英語ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。